輸入代行業者の選び方

輸入代行業者はどういう基準で選ぶべき?  
業者選びで失敗しないためにやるべきこと

これから商品を輸入したいと思ったものの、相手は海外ですしどうやって仕入れたらいいのかを困ってしまう人は非常に多いのではないでしょうか。

なぜなら、どうやって欲しい商品を仕入れるのかが解らないからです。

そこで今注目されているのが、輸入代行業者を利用することです。

今回は、たくさんの輸入代行業者からどういう基準で選ぶべきなのかを、お伝えしますので参考にしてみてください。

輸入代行とは、簡単に言いますと、お客様にかわって輸入に関する手続きをしてくれるサービスのことを指します。

普通に日本国内で商品を買う場合は、好きなお店で購入し商品代金と送料を支払うだけで完結します。

しかし、海外が絡むとさまざまな手続きが発生します。

たとえば、お店探しからはじまり、現地語でのやり取り、交渉、注文、支払い、通関、配送などあらゆる手続きが関わってきます。

とくに一般のかたであれば、通関手続きをしたことがないはずですので、非常に苦労するというわけです。

そんなわずらわしいことを、輸入代行業者であれば一貫して対応してくれるため、依頼主としては非常に楽というメリットがあります。

では、輸入代行はどのような人が利用するべきなのかをお伝えします。

やはり、輸入ということは取引先は確実に海外です。

海外ということは英語をはじめ現地の言葉を使えないと、そもそものやり取りすらできません。

ですから、語学が苦手というのであれば迷わずにプロにお任せするべきと言えます。

日本でも知らないお店から購入するのは不安なのに、行ったこともない海外のお店であれば余計に不安に思うのではないでしょうか。

 当然、仕入れ先を間違えると不良品などが届くこともあるため、無駄なお金と時間を使ってしまうことにもなりかねません。

ですから輸入する際に何らかしらのトラブルが発生して自分で処理できない場合は、輸入代行業者に任せることが大切です。

輸入でもっとも面倒なことは、通関に関するものです。

なぜなら、通関に必要な手続きや書類が多いからです。

通関とは商品を輸入をする際に、荷物の検査をうけて許可を得ることで、関税とは商品を輸入する際に、商品によってかけられる税金のことを指します。

商品によっては関税がかかりますので、関税率なども把握しないといけません。  ※輸入消費税は全ての商品で発生します。

ですから、関税や通関に関連する知識が乏しいと非常に苦労します。

海外で特定の商品が欲しいけれど、インターネットに弱い場合、そもそもどうやって注文するべきかを迷ってしまうものです。

しかし、日本の通販サイトとは違い、現地の言葉で会員登録やクレジット決済などを進めていかないといけないため、非常に大きな壁に感じられるはずです。

ですが、輸入代行業者に任せることで欲しい商品を伝えて支払いするだけで終わるため、非常に楽というメリットがあります。

もし、自分で輸入するのが難しいと感じた場合、どこかの輸入代行業者にお願いをすることを考えるはずです。

しかし、輸入代行業者と一口にいっても、たくさんの会社が存在している為どこを選ぶべきなのかを迷ってしまうことでしょう。

そこで、失敗しない輸入代行業者の選び方についてお話します。

初心者であれば、そもそもどういう手順で仕入れをするのか、何が必要なのかも解らないはずです。

 だからこそ輸入代行業者を利用するわけです。

 ですが、いざ問い合わせをしてみたものの返信が遅かったり、質問に対して的確な答えが返ってこなかったりすると余計に不安に思ってしまうものです。

 ですから、問い合わせをして早い段階で返信が返ってくるのか、こちらの不安が解消されるようなやり取りをしてくれるのかを確認しておきましょう。

 問い合わせからのやり取りが丁寧であれば、最後までしっかり対応してくれる可能性が高いです。

 また、メールだけではなく電話などの問い合わせ窓口があればより安心と言えます。

 基本的に輸入代行業者は、メールのみの問い合わせがほとんどのため、電話問い合わせがある業者はかなりレアなケースと言えます。

正直なところ、輸入代行業者は来店ベースで受付しているところはありません。

ですが、初心者の場合は来店できなくても、来店可能な会社やお店があれば非常に安心できるものです。

なぜなら、仮に住所があっても海外に所在地があったり実態がなかったりすれば、お願いする気になれないからです。

もし、実店舗がある輸入代行業者があれば、輸入に関するあらゆることに責任をもって対応しているという証拠でですから、ぜひチェックしておくべきです。

どんなものでもそうですが、商品を購入したときに運悪く不具合があったりトラブルになってしまう可能性があります。

 ですが、万が一トラブルが起きたとしても全力で対応してくれる輸入代行業者であれば安心して取引できます。

例えば、返品や返金をはじめ、商品が未着などのトラブル対応をしてくれる輸入代行業者を選ぶようにしましょう。

輸入代行業者と取引をする上で、手数料などの費用が別途かかってきます。

当然、輸入代行業者はボランティアではないため、手数料などが発生するのは当然のことと言えます。

しかし、初心者の場合は手数料が高くても安くても、それが適切な手数料なのかどうかが解らないものです。

できれば複数社の手数料などをチェックして、適切なところを選ぶべきと言えます。

ただし、安ければ良いというものではありませんのでご注意ください

たとえば、表に見える手数料は安く設定し、他の発生費用をあげて請求されることがありますので、手数料だけで決めるとあとあと後悔することにもなりかねません。

まったく知らない海外のお店から商品を注文する際に気になることと言えば、指定した商品の数や色などは正しいのかどうかです。

せっかく長いこと待っていたのに、いざ届くと個数も違えば色も違うとなれば、また問い合わせから始めるめなければなりません。

ですから、品物の個数や商品番号、色などをチェックしてくれる輸入代行業者にお任せすることで、より確実に注文した商品が届けられます。

輸入代行業者を探しているけれど、問い合わせ方法が限定されていたり実態がわからなかったりするので、利用をためらってしまうのではないでしょうか。

そんなときは、輸入代行業者の「Rmインターナショナル輸入代行」へお任せください。

当社では、輸入に関する面倒な手続きをすべてお客様にかわって代行いたします。

輸入代行業者にはめずらしく、電話LINEで問い合わせができますし、来店可能な店舗もございます。

とくに初心者の方であれば安心してご利用できるような環境を整えております。

また、スピーディーな対応を心がけておりますので、はじめてのお問い合わせから納品までスムーズな対応が可能です。

もし、輸入代行業者をお探しであれば、Rmインターナショナル輸入代行にお問い合わせください。